Secure Centralized Messaging Control

従業員とのコミュニケーションを適切に管理

アドミニストレーション/インテグレーション

迅速な導入、容易な操作による一元管理

ウェビナーを見る(英語)
Zinc Real-time Communication Joins Servicemax
Contextual Conversations with Zinc + ServiceMax

容易な導入

Zincは直感的な操作性を備えているだけでなく、導入も容易に行えます。サービス部門のメンバーが数百あるいは数千名にかかわらず、数日で利用開始することができます。外部ディレクトリグループとの同期も可能であり、従業員をすぐさまオフィシャルグループのメンバーとし登録することができます。アダプション(利用状況)アナリティクスでは、リアルタイムで利用状況を追跡し、アクティブなユーザーとアプリの活用方法を正確に把握することができます。

Zinc Easy Implementation

ユーザー/グループ管理

アドミンコンソールにより、ユーザーやグループを容易に管理することができます。アドミニストレータは容易にユーザー権限を設定し、肩書き、オフィス、部門、地域などのデータをインポートし、各従業員の検索可能なユーザープロファイルを作成することができます。全てのオフィシャルグループを管理し、さらにグループへのアクセス制限、ユーザーの追加・除去、およびデータ保持設定も可能になっています。また、アドミンはリストやフォルダで組織化された従業員グループを維持し、身元を確認したりブロードキャストコミュニケーションに活用したりすることができます。管理されているオフィシャルグループに加えて、アドミニストレータを介さず従業員同士でアドホックグループを作成することもできます。

Zinc User and Group Management

ワークフロー連携

サービスチームにとって、作業を行う上で関連する情報を元にコミュニケーションできることは非常に重要です。対話や質問内容を再度説明する必要がなく、関連情報を速やかに理解できることは、作業中において時間を大幅に節約することができます。BoxやCRMなどのコンテンツ管理システムとの連携は、技術者が作業に集中することが可能となり、シームレスなエクスペリエンスを提供することができます。

連携

  • ServiceMax
  • Salesforce
  • Google Drive
  • Box
  • Dropbox
  • Sharepoint
  • One Drive
  • One Drive for Business
  • Citrix
  • Egnyte
Zinc Workflow Integrations

ボット/API

ZincボットとメッセージングAPIフレームワークにより、アドミンはカスタム通知を設定し、外部システムからZincグループまたは選択した特定のユーザーに対して速やかにアラートを送信することができます。日ごとの天気予報を自動的にグループと共有したり、タイムリーなレスポンスを必要とするアップデートや見過ごす可能性のある情報をチームに通知したりすることができます。この機能により時間を節約し、作業中に他のコミュニケーションシステムをチェックする必要性もなくなります。

Zinc Bots & APIs

ServiceMax Zincリアルタイムコミュニケーションソフトウェア

セキュリティ、プライバシー、コンプライアンスを確保

セキュリティ

  • 軍用レベルの暗号化
  • 顧客データのセキュリティ
  • データセンターのセキュリティ
  • データセンターのセキュリティ
  • 事業継続性と信頼性

プライバシー

  • データオーナーシップ
  • 顧客データの保存と削除
  • 多要素認証
  • SSO/SAML 2.0

認定証

  • HIPAA
  • ISO 27001
  • SOC 2 Type II
  • FIPS 140-2
  • TrustArc
  • プライバシーシールド
Zincが与えるインパクト

Zincが与えるインパクト

ビデオを見る

Zincが他のコミュニケーションプラットフォームよりも選ばれる10の理由

データシートを読む

Vivintがフィールドコミュニケーションの難題を解決

導入事例を読む

ServiceMaxのリアルタイムコミュニケーションは優れたフィールドサービス、売上増、そして顧客満足の向上を支援します。

お問合せはこちら