会社概要

BHGE

2016年、GEの石油・ガス事業部はBaker Hughes社と統合し、世界トップクラスの石油・ガスサービスプロバイダーを設立することで合意しました。Baker Hughes社はGEの傘下に入り、BHGEが誕生しました。BHGE社は、石油・ガス業界のあらゆる分野において、フルストリームサービスを提供します。アップストリーム、ミドルストリーム、ダウンストリームのソリューションは世界120カ国以上で使用されており、環境への配慮に取り組む顧客をサポートしています。デジタル産業というマインドセットを持つBHGE社は、安全で経済的なエネルギーを、顧客のみならず世界規模で供給することに注力しています。

基本データ

会社名:
Baker Hughes(GEの系列会社)

業種:
石油/エネルギー

規模:
従業員数1万人以上

ユーザー:
ServiceMaxユーザー数2,200人

本社:
ヒューストン(テキサス州)

Webサイト:
https://www.bhge.com/

「ServiceMaxによって、フィールドサービス・チームは作業を予測し、余裕を持ってリソースのプランニングを実行できるようになりました。」

Durga Pavadai氏
ソリューション・アーキテクト

ServiceMax Customer Video: Baker Hughes, a GE company

課題

2012年、BHGE社は、フィールドサービス部門の効率化という課題に直面していました。Pavadai氏は、当時を振り返って語ります。「当時のシステムには、データを可視化する機能がありませんでした。メール、書類、Excelシートなど、さまざまなレガシーシステムにデータが分散していました。

フィールドサービス部門はホワイトボードを使ってフィールドサービス技術者のスケジュール管理を行っていたのです。」当時、サービスマネージャーは、技術者のスキルをシステムで検索してからホワイトボードを確認する、という手順でスケジュールを作成していたのです。

これは、サービス要件の予測に遅延が発生する原因になっており、同社は改善の必要性を認識していました。

解決策

Baker Hughes社の戦略的ERPプラットフォームにはOracleとSAPが導入されていましたが、それだけではフィールドサービスのニーズを満たすことはできませんでした。すべてを一元管理できるシステムを求めていた同社は、

ServiceMaxの導入を決定しました。これにより、ホワイトボード、Excelシート、メールでの管理は必要なくなりました。Pavadai氏は、次のように語ります。「技術者のスケジュールからスキルセットまで、すべてを1つのシステムに統合することができました。ディスパッチャーは、高度な技術者検索機能を使って、作業に最適な技術者を現場に派遣しています。」

成果

ServiceMaxの導入によって、チームのコラボレーションが推進されています。「ServiceMaxをSalesforceプラットフォームと統合することで、ビジネスチャンスに関するデータを可視化することに成功しています。サービスマネージャーは、フィールドサービスで発生したビジネス機会を的確に捉えることが可能になりました。作業が完了すると、管理部門は注文をERPに入力します。システムの統合により、データの重複は排除され、複数のシステムに何度も同じデータを入力する必要もなくなっています。」(Pavadai氏)

新しくなったプロセスでは、請求サイクルが90%も短縮されています。BHGE社は現在、スマートエネルギーの開発という企業目標の実現に向けて、さらなる取り組みを続けています。