サービスマックスは、サービスで使用する部品管理を支援します。

-9%
サービスコスト
-16%
MTTR(平均障害復旧時間)

サービスマックスは、車や修理センターにある部品を可視化します。修理に関する物流を効率化することで、継続的な収益構造を作ります。実際、サービスマックスのお客様は、サービスコストについては平均9%の低減*、平均障害復旧時間については平均16%の短縮*を達成しています。

* 2018年にサービスマックスのお客様を対象に実施した調査結果の平均値。

サービスネットワーク全体で部品、返品、修理を管理

ServiceMax Customer Testimonials - LitePoint

Litepointの事例 - サービスマックスで返品修理を効率化

製品の故障、欠品、煩雑な返品作業は、収益低下の大きな原因になるだけでなく、顧客との関係にも悪影響を及ぼします。ところがこれは、チャンスでもあるのです。迅速かつ簡単な手順で交換や修理を行うことができれば、顧客ロイヤリティが高まりますし、コストの大幅削減だけでなく、収益アップにつながる可能性もあります。

スペアパーツとトランク在庫

必要な部品を迅速に提供

現場に到着した技術者が必要な部品がないことに気付き、部品の調達のために作業が遅れることを顧客に報告したとしたら、何が起こるでしょうか。顧客は大きな不満を感じますし、技術者もストレスを感じるはずです。ServiceMaxがあれば、このような事態に陥ることはありません。倉庫在庫や持ち出し部品をきめ細かく管理できるので、部品がある場所を常に把握できます。さらに、在庫の自動補充機能は、過剰在庫だけでなく欠品を解消し、必要な部品を確実に調達できる適正在庫を実現します。

在庫管理の統合

システム全体で包括的な在庫管理

在庫管理では、常にバランスの調整が必要です。欠品は、売上低下のリスクだけでなく、部品を必要とする顧客の満足度低下をまねく恐れもあります。一方で、過剰在庫を抱えると、簿価切り下げなどコストのかかる対応を余儀なくされてしまいます。在庫レベルの最適化で威力を発揮するのが、ServiceMaxです。ServiceMaxの部品管理機能は、ERPシステムの在庫コスト評価/管理機能と簡単に統合できます。これにより、修理センター、技術者のトラック、顧客の委託倉庫など、あらゆる場所にある在庫を包括的に管理します。在庫を高頻度で更新し、常に最新の正確なデータを提供します。これにより、在庫不足や在庫簿価切り下げを最小限に抑えます。

RMA(返品保証)

あらゆる場所からの返品を修理ネットワークを介して最適化

返品は、サービスチェーン内の物流において最も大きな課題の1つであり、サービス会社、サプライヤ、販売店、顧客のそれぞれにとって難しいプロセスでもあります。また、家電、ハイテク機器、医療機器を量産し、複雑なサービスネットワークをグローバルに展開している企業の場合、この課題はさらに困難になります。ServiceMaxは、複数の修理センターや拠点を介した返品処理を自動化することで、返品の追跡や物流コストの節約を可能にします。

お問い合わせ

ServiceMaxフィールドサービスは、フィールドサービスの品質改善、売上アップ、顧客満足度の向上をサポートします。

詳しくはこちら