Real-Time Team Communication Software

サービス部門の安全なコミュニケーションを実現

Zincリアルタイム コミュニケーション
製品概要

ServiceMax Zincは、技術者が作業を迅速かつ正確に行う上で必要とする人や情報をリアルタイムにつなぎ、組織における修理時間の短縮、顧客満足の向上、そして従業員のエンゲージメントの改善を可能にします。

デモを見る
zinc_product_overview_right_img

サービス部門専用のリアルタイムコミュニケーションソフトウェア

  • 13%

    再訪問の削減

  • 20%

    従業員のエンゲージメントの向上

ServiceMax Zincは、安全性の低いコンシューマアプリに代わり、サービス部門のニーズに応じた強力かつ容易に操作できる専用のチームコミュニケーションプラットフォームを提供します。Zincを活用することで、フィールド部門やサポート部門にわたり、より効率的にナレッジや情報を共有することが可能となり、主要なメトリクスに沿った業務の推進により、顧客に対して卓越したサービスを提供することができます。

データシート

Zincリアルタイムコミュニケーション

サービスがビジネスに直接的に影響を与える場合、技術者を問題の速やかな解決に役立つ人や情報につなげることは非常に重要だと言えます。Zincは企業全体にわたり、重要情報や緊急情報に関するコミュニケーションをシンプル化し、フィールド担当者や保全担当者同士で連絡を取り合い、情報を共有することができ、責任者に対しても最前線の現状を迅速に伝えることが可能になります。

詳細はこちら»

部門間のコミュニケーション

技術者がフィールドにいる場合、作業を円滑に進めるには必要な情報、リソース、人にアクセスする必要があります。Zincの強力なコミュニケーション機能により、部門間でテキスト、音声、ビデオ、コンテンツ共有、ロケーション共有を活用して1:1もしくはグループでコミュニケーションを図ることができます。グループでの対話では、組織を横断して柔軟な方法で情報のやり取りを行うことができます。対話の最中にServiceMaxのレコードに接続することで、作業指示、設置製品、事例、アカウントに関する迅速かつシームレスなディスカッションを進めることも可能です。また、直感性に富んだユーザーエクスペリエンスを提供することにより、技術者は容易に1:1のビデオコール、チーム会議の参加、ワンタップによるコール、あるいは最寄りにある部品を見つけるためのロケーション送信など、多彩な方法でトラブルシューティングを行うことができます。

詳細はこちら
Zinc Team Communication

ブロードキャストコミュニケーション

コーポレートチームはフィールドサービス担当者との情報共有に苦慮するケースが多く見られます。ブロードキャスト機能はCEOからのビデオメッセージ、オペレーションの新たな手順、あるいは安全警報など、情報をリアルタイムに技術者のモバイルデバイスに一斉に送信することができます。これらのアラートはアプリの画面全体に表示されるため、技術者は必然的にメッセージに対応することになります。ブロードキャスト機能は、グループメンバー、部門、ロケーション、作業スキル、あるいはロールなど多彩な要因に基づき、従業員の特定グループに対して発信することができます。ブロードキャストの全てのインタラクションは追跡可能で、責任者はコンテンツを誰が読み、誰が関わっているかを把握することができます。

詳細はこちら
Zinc Broadcast Communication

ホットラインコミュニケーション

技術者が特定の問題、あるいはディスパッチャーなどの専任担当者に支援を求める必要がある場合、ホットライングループ機能により適切なエキスパートに速やかにつながることができます。ホットライングループにリクエストメッセージを送信することにより、新たなリクエストへの対応を求められていることがエキスパートに通知されます。この独自機能により、グループメッセージングチャネルにおけるノイズを削減し、コールセンターでの待ち時間やメールの送受信の手間を省くことができます。各リクエストは終始一貫して追跡されるため、責任者は問題解決までの所要時間や社内サービス品質を測定し、状況に応じてホットラインのメンバー構成を調整することができます。

詳細はこちら
Zinc Hotline Communication

コミュニケーションアナリティクス

情報は多彩な状態で組織の中を流れています。こうしたコミュニケーションスレッドは、トレーニング不足や業務プロセスの改善の必要性など、非効率性、脆弱性、あるいは情報ギャップを招いてしまう恐れがあります。コミュニケーションアナリティクス機能により、サービス部門の責任者は、「いつ、誰が、何を、なぜ」といった組織のコミュニケーション方法を把握することが可能になります。利用データの把握、コミュニケーションマップへのアクセス、地域やグループのコミュニケーション能力の特定などを通じて、最終的にこれらのパターンと最重要のビジネスメトリクスとの相関分析を行うことができます。

詳細はこちら
Zinc Communication Analytics

アドミニストレーション/インテグレーション

アドミンコンソールでは、アドミニストレータがユーザー/グループの管理、ユーザーのロール/権限の設定、カスタムデータ保存設定の選択、およびブロードキャストのスケジューリングを行うことができます。また、ディレクトリシステムとの連携により、迅速かつ容易にユーザーを登録し、コンテンツやワークフローシステムと連携することで従業員に対してシームレスなエクスペリエンスを提供することが可能になります。サービス部門は迅速な導入と容易な管理により、エンタープライズグレードのセキュリティとコンプライアンスを確保しつつ、素早く導入効果を得ることができます

詳細はこちら
Zinc Administration & Integrations

ServiceMax Zincリアルタイムコミュニケーションソフトウェア

セキュリティ、プライバシー、コンプライアンスを確保

セキュリティ

  • 軍用レベルの暗号化
  • 顧客データのセキュリティ
  • データセンターのセキュリティ
  • データセンターのセキュリティ
  • 事業継続性と信頼性

プライバシー

  • データオーナーシップ
  • 顧客データの保存と削除
  • 多要素認証
  • SSO/SAML 2.0

認定証

  • HIPAA
  • ISO 27001
  • SOC 2 Type II
  • FIPS 140-2
  • TrustArc
  • プライバシーシールド

ServiceMaxは業界を代表する多くの著名な企業に採用されています

世界中で400社以上の企業がServiceMaxを活用してサービスを提供しています。

ZINCのライブデモをご用意しています

導入事例

DISHがカスタマーエクスペリエンスの最適化にZincを採用

DISHがカスタマーエクスペリエンスの最適化にZincを採用

ビデオを見る

Vivintがフィールドコミュニケーションの難題を解決

導入事例を読む

BioTek InstrumentsがZincでフィールドオペレーションを効率化

導入事例を読む

ServiceMaxのリアルタイムコミュニケーションは優れたフィールドサービス、売上増、そして顧客満足の向上を支援します。

お問合せはこちら