コントラクター管理

サードパーティの技術者を活用することで、
サービスビジネスのアジリティを向上

ServiceMaxのコントラクター管理でサービス実行を改善

+23%
フィールドエンジニアの
生産性
+20%
ネットプロモーター
スコア
-14%
サービス
コスト

ServiceMax Asset 360 for SalesforceServiceMax Coreにより、自社の従業員の技術者あるいはサードパーティの技術者にかかわらず、顧客のサービスに対する期待をはるかに超えることが可能になり、以下のような目覚ましい成果を得ることができます:

ServiceMaxの顧客は平均でフィールドにおける生産性を23%、ネットプロモータースコアを20%向上し、サービスコストを14%削減しています*。

* ServiceMaxの顧客を対象に調査した平均結果
ウェビナー
【イノベーションシリーズ】コントラクター管理でやるべきこととやってはいけないこと
2018 Contractor Management with IDC Analyst Aly Pinder

IDC社のアナリストAly Pinder氏が、サービス実行におけるコントラクターの活用方法に関するインサイトを提供

IDC社は2020年までにサービスの約20%がコントラクターによって提供されると予測しています。

この2分間のビデオでは、IDC社のプログラムディレクタであるAly Pinder氏が、サービス業務をサードパーティにアウトソースする際の成功の秘訣を概説します。同氏のリサーチノートでは、コントラクターと接する場合において、単純に作業指示内容を任せるだけでなく、サービス部門が留意すべきことに触れています。

まずはAly Pinder氏のビデオをご覧いただき、その後同氏の別資料IDC Analyst Connectionをお読み下さい。

サードパーティの技術者管理

作業をアウトソースし、顧客に最高レベルのサービスを提供

アウトソーシングにおける設定目標において、契約パートナーは直接顧客と向き合うことになります。コントラクターが作業に対して最善の準備を行い、SLAの目標を満たすには、作業指示、部品、サービス、機器の履歴データ、エンタイトルメント、そしてドキュメンテーションの最新情報を取得する必要があります。また、サードパーティの技術者は、問題が発生した場合、社員およびその他の技術者とコミュニケーションを取る必要があります。

ServiceMaxパートナーコミュニティでは、パートナーとセキュアに情報を共有し、パートナーのオペレーション状況をリアルタイムで可視化することにより、彼らの説明責任を果たし、カスタマーエクスペリエンスを管理することができます。

ハイブリッドワークフォースで優れたサービスデリバリを実現

サービスアウトソーシングの基礎

「製造産業における業務の本質は変化しています。(・・・)今後3~4年で製造業者のビジネスにおける最優先事項は、売上増と新規市場への参入になります。つまりコントラクターの役割は増え続け、製造業者のビジネス目標を達成するにはさらに重要視されるようになります。」

IDC社のサービスイノベーション/コネクテッドプロダクト担当プログラムディレクタであるAly Pinder氏が、適切な領域をハイライトし、実用的な推奨事項を説明します。

詳細はこちら
Schedule Optimization
ServiceMaxをお試しになりますか?

ビジネスインパクトを知る

ウェビナー
あなたにとって適切なフィールドサービスのコントラクター管理モデルとは?
詳しく見る
データシート
ServiceMaxパートナーコミュニティを活用したコントラクター管理
詳しく見る
フィールドサービスのデジタルブログ記事
なぜサービス責任者はコントラクター管理がうまくいかないのか
詳細はこちら

ServiceMaxはアセットの稼働時間の改善とリソースの生産性の最適化を支援します

お問合せはこちら